助動詞を簡単に理解しよう!

今回は助動詞の感じ方、捉え方について解説します。

先に結論から伝えると・・・

助動詞は動詞の前に挿入される単語でその動詞に
「主観を込める」役割を果たします。

つまり助動詞を使う事で動詞自体の意味は変化しませんが、
意識が変わります。

それでは主要な助動詞を解説していきましょう。

will

文章の時制は動詞の活用できまります。

動詞が現在なら現在時制(距離が近い)、
過去なら過去時制(距離が遠い)です。

助動詞が使われている場合は助動詞の形を見て時制を判断します。

そしてwillは助動詞の現在形ですので、
良く未来形と勘違いされますが、これは現在形です。

willはあくまでも未来について語る事のできる現在時制です。

ちなみにis going toも未来として扱われますが現在です。

なぜならis (説明パターン=SVC(S=C))だからです。

beな状態goingtoですので、今まさにtoの方へ
向かっている状態である事が分かります。

そしてwillは話し手の強い思い込み・意志です。

どんなに晴れていても話し手がそうおもいこんでいるなら・・・
It will rain this afternoon.と言えます。

しかし本当に雨が降りそうなら、
It is going to rain this afternoon.と言います。

 

can

canは出来るあるいはもう少し厳密に言うと
「やろうと思えばできる」です。

ですから日本語のできるとは少しニュアンスが違います。
I can do it.なら「それをやろうと思えばできる」というニュアンスです。

一方でI do it.なら「それをやるよ」という
ニュアンスになります。

I do it.の方が力強いですね。

そしてbe able toという助動詞ではありませんが、
canと同義語として良く使われる言い回しがあります。

これもbe going toと同様にbe ですので
「能力がある状態(説明パターン)」がto以下で指し示されているだけです。

He is able to do it. 彼は能力がある状態⇒(to)それをやる

非常に客観的に能力がある状態を話し手が説明しているのが
be able toとなります。一方でcanは話し手の主観を込めているので
「できる」「可能」という意味はあくまでも話し手の主観というイメージです。

 

must

mustは強い圧力を受けたプレッシャーのニュアンスがあります。

I must do it.なら、何となくやろうかな・・・ではなく、
やらねば!という強い圧力、プレッシャーを感じさせます。

mustに似た表現でhave to doという英語表現があります。
have toは助動詞ではありませんが、「~しなければならない」という
日本語訳が用いられますが、単純にhavetoが繋がっているだけです。

aveですから何かを持っている訳で、それがtoという⇒(矢印)
によって続く動詞の方へ示されてニュアンスとしては
to doリストを持っているという感覚です。

I have to do my homework. 私は持っている、⇒(to)宿題をするリストを

というニュアンスです。

ここでmustとの比較ですが、mustは話し手の圧力強制・命令が
ありますが、have toto doリストを持っているというだけで、
客観的な必要性という違いがあります。

 

may

mayは一言で言えば、「許可」です。誰かに「してもいいよ」
という許可をもらっている感じです。

You may drive my car.だったら話し手が上から目線で
私の車を
運転してもいいよ。というニュアンスです。

mayの過去形であるmightはそのニュアンスに距離を空けて(過去形)
より丁寧に相手にmayのコアを示したい時に使われます。

 

should

shouldは元々shallの過去形ですが、そのニュアンスはもやはなく、
一つの独立した助動詞として扱われます。

shouldは前述したmustのとても弱いバージョンです。
日本語では「~すべき」などと訳されるので強さを感じますが、
そんな圧力はほとんどありません。

You should do it. やった方がいいよ!ぐらいなニュアンスです。

日本人は「すべき」というイメージが強すぎるので、
shouldを使うと失礼にあたるという感覚を持っていますが
そんなに強いイメージはありません。

 

関連記事

  1. 「がっかり」って英語で?

  2. 基本動詞のコアをおさえろ!その5

  3. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その1

  4. 主要前置詞のコアをおさえろ!in編

  5. 「取り掛かる」って英語で?

  6. 「全く進まない」って英語で?

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 前置詞+関係代名詞の使い方

  2. 「ハズレ」って英語で?

  3. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その3

  4. 英語上達エクササイズ(It is構文とは?)

  5. 初心者でも英語日記を習慣にする方法

  6. 英語名言「快適から抜け出す!」

  7. 英語名言 「自分を信じる!」

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)