関係詞と疑問文について

今回は関係詞と疑問文についてお伝えしましょう。

関係詞というのは話し手が聞き手に対して強制的に疑問を与えて
それに自ら答えている状態です。

元々that以外は疑問詞で構成されているのもその理由からです。

疑問をそのまま相手に投げかけたらそれは疑問文になって、
疑問を自分で答えたらそれは関係詞となるだけです。

あまり難しく考えずに、関係詞というよりその区別なく、途中で
疑問詞が出てきたらいつでもその疑問詞の答えを伝えるだけです。

whenが途中で出てきたら⇒いつ?

This is the day when he was born.
(今日はその日だよ、いつ?彼が生まれた)

whereが途中で出てきたら⇒どこ?

This is the place where he was born.
(ここが場所だよ、どこ?彼が生まれた)

whatが途中で出てきたら⇒なに?

Please tell me what I should do.
(教えて私に、なに?私がすべき事)

whoが途中で出てきたら⇒誰?

He is the guy who wants to become a lawyer.
(彼がそいつだよ、だれ?弁護士になりたいという)

whyが途中で出てきたら⇒なぜ?

Let me know the reason why you’ve done this to me.
(教えてよ理由を、なぜ?君がこれを僕にしたのか)

whichが途中で出てきたら⇒どれ?

I ate an apple which my mom bought yesterday.
(私は食べたリンゴを、どれ?ママが昨日買ってきた)

howが途中で出てきたら⇒どのように?どれぐらい?

Do you know how he loves you?
(知ってるの?どれぐらい?彼があなたを愛しているか)

一方で今まで出てきたwhichwhyなどが文章の先頭に出て来て、
全て相手に投げかけるものは疑問文です。

EXWhich do you want to drink, coffee or tea?

ちなみに疑問文は現在ならdodoes, 過去ならdidなどを
使ってそれらを先頭に持ってきて作られます。

Be動詞と呼ばれるisareなども先頭に持ってきて作られます。

疑問文というのは話し手が普通の文章を言う時よりも感情が
揺れている(聞きたい!)状態なので通常の形を取らずに
dodidあるいはisarewillshouldなどが前に出て来ます。

これが疑問文ではなく、否定するような言葉が前に出てくる
ケースもありますが、それも一種の感情が揺れている
(その言葉を強調して言いたい!)為に起こる出来事です。

英文を見ていて何か変な形だな・・・疑問文でもなさそうだし・・・
というものは大抵、何らかの言葉を強調したい為にその言葉が先頭
に飛び出して疑問文のような形を取っています(倒置法なんて呼ばれます)。

文型ごとに少し例を出してみましょう。

 1:単なる動作パターン

主人公+動作⇒SV(動作パターン:SVするだけ)

He runs.(彼はただ走るだけ)

Does he run? (doesを前に持ってきて聞きたい!感情が揺れている)

Never does he run !
(彼が走るわけないだろ!とneverを強く言いたい!
感情が揺れている為に前に出てきている)

2:説明パターン

主人公+動作+説明語句⇒SVC(説明パターン:Sの説明をCがしている)

He is handsome.(彼はハンサムであるという説明)

Is he handsome? (isを前に持ってきて聞きたい!感情が揺れている)

So am I.(僕もハンサムだよという僕も(so)を強調したい為に
感情が揺れて前に出てきている)

3:力パターン

主人公+動作+動作の対象⇒SVO(力パターン:SVの力を
直接Oに及ぼしている 英文の多くはこのパターン)

He bought a ring.(彼がboughtの力を直接a ringに及ぼしている)

Did he buy a ring? (didを前に持ってきて聞きたい!感情が揺れている)

Never did he buy a ring !(指輪買ったわけないだろ!とneverを強く言いたい感情が揺れている為に前に出てきている)

What did he buy? (a ringの情報が無いからwhatdidを前に持ってきて聞きたい!感情が揺れている)

4:手渡しパターン

主人公+動作+人+物⇒SVOO(手渡しパターン:SVの力をO
加えて次のOを手渡すパターン)

He gave her a ring.(彼がgaveの力でherOを手渡す)

Did he give her a ring?didを前に持ってきて聞きたい!感情が揺れている)

Why did he give her a ring? (whydidを前に持ってきて動作の理由を聞きたい!感情が揺れている)

少し倒置法の例も出しましたが、関係詞は疑問に自ら答える、
疑問詞は疑問を相手に投げかける。

疑問に自ら答えるか相手に投げかけるかの違いはありますが、
関係詞と疑問詞は本質的には同じです。

 

関連記事

  1. 主要前置詞のコアをおさえろ!on編

  2. 主要前置詞のコアをおさえろ!by編

  3. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その3

  4. 主要前置詞のコアをおさえろ!about編

  5. 関係副詞「when」の使い方

  6. 英語上達エクササイズ(リアル英語の関係詞 whichの用法)

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 英語名言「なりたい自分を想像する!」

  2. 主要前置詞のコアをおさえろ!of編(fromとの違い)

  3. 英語名言 「自分を信じる!」

  4. 英語名言「思考を変える!」

  5. 英語の分詞を簡単に理解しよう!

  6. 接続詞のand but orの働き

  7. こんな英語目標は実現しない?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)