英語リスニングのコツとは?

本日は英語リスニングのコツについてお伝えします。

英語のリスニングは聞くと言うインプット作業ですが、
語彙力・文法力・英語発音力がベースに必要な事は
言うまでもありません。

そのベースを整えながらこの3つのコツを意識しましょう

1:細部にこだわる

2:日本語意訳を意識しない

3:推測領域を広げる

1:細部にこだわる

まず英語のリスニングをトレーニングする時は
初級・中級の英語リスニング練習では聞き流しても
全く意味はありません。

例えば、家事をしながらなど、ながら作業で英語を
聞き流している人達も結構いるかも知れませんが、
ほとんど時間のムダです。

断言しますが、英語を勉強した気になるだけで
ほとんど効果はありません。

あっても多少、英語に慣れるというぐらいですかね。

聞いている時に意味理解が伴っていないリスニングは
全く理解できないアラビア語を聞き流しているのと同じです。

たくさんの種類を聞く必要はありません。

これだ!と思ったモノを徹底的に発音から練習して
口の動きでもそれを再現できるぐらいになって
リスニングをして下さい。

しかも一語一句聞き逃さないぐらいの
気持ちで聞いて下さい。

細部にこだわらないリスニングは不毛の時間だけが
過ぎて行くので気をつけて下さい。

2:日本語意訳を意識しない

続いて日本語意訳を意識してはいけないと言う事です。

これも英語を聞き流す系の教材に多いですが、
英文が流れた後に綺麗な日本語意訳が対になっているモノは
はっきり言いますが、英語をそのまま理解する障害になります。

また参考書レベルでも英語のリスニングをしながら
日本語意訳を同時に見て行く事もダメです。

なぜなら日本語の論理思考(文法)にいつまでも
足を引っ張られてしまいます。

ご存知の通り、英語と日本語は構造的に真逆と言っても
良いぐらい違いすぎるのです。

これが英語や英会話をマスターさせる弊害と言っても
過言ではありません。

これが出来るのは通訳のような特殊な訓練を積む覚悟の
ある人だけが行う方法です。

通訳になりたいなら別ですが、普通に英会話をマスター
したいなら、意訳された日本語を英文と対にして
理解するのは本当に障害以外の何ものでもありません。

ただし、どうしても日本語意訳を見ないと、あるいは聞かないと
理解できないのであれば、英文と一緒に聞く、見る事を避けて下さい。

その日本語意訳をまずは見て、一度イメージで捉えてから
英文のみ聞くようにして下さい。

1つの英文に1つの日本語意訳を交互に聞く、見るという
行為だけは絶対に行わないようにして下さい。

3:推測領域を広げる

ある程度、英語リスニングの上級段階になったら今度は
大量にリスニングに触れる事が大切になってきます。

しかしこれは聞き流すという事ではありません。

しっかり聞くのですが、一語一句捉える事に
主眼を置かないという事です。

特にスピードの速い複数ネイティブの会話などは
一語一句捉える事などほぼ不可能です。

発音力・語彙力・文法力・背景知識等を駆使して
話している推測領域を広げる意識が大切なのです。

ここが聞き取れなかった・・・
あそこが聞き取れなかった・・・

このような事に一喜一憂するのはナンセンスです。

テストではありませんから、推測領域を広げる
意識を持って下さい。

そこで仮に分からない時は、聞き返し疑問で
対応すれば良いだけです。

以上英語リスニング3つのコツ意識して
上達して行きましょう!

 

関連記事

  1. 初心者でも英語日記を習慣にする方法

  2. 英語発音の子音 ch音の出し方

  3. 英語上達エクササイズ(thatのコア)

  4. 不定詞を使う目的?

  5. 英語発音の子音 h音

  6. 「がっかり」って英語で?

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 英語上達エクササイズ(複合関係詞とは?)

  2. 接続詞のand but orの表現

  3. 関係副詞「where」の使い方

  4. 英語上達エクササイズ(in whichの用法)

  5. 関係代名詞「which」の使い方

  6. 関係副詞「how」の使い方

  7. 接続詞のand but orの働き

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)