英語リスニングが上達しない時にやる2つの事

本日は英語リスニングが上達しない時にやる
2つの事についてお伝えします。

英語のスピーキングも難しいですが、
リスニングも題材によっては難しいですよね。

何度聞いても分からない、どうしても早くてついていけない・・・

とにかく英語のリスニングをしていて壁に当たったと
感じた時は実行してほしい2つの事があります。

基本的に上級者というよりも初級・中級者の方々に
やって欲しい事です。

そしてその英語リスニングの内容を確認できる
スクリプトが存在するという事が大前提です。

スクリプトとは実際の英語リスニング内容が
文字情報になっているモノです。

それでは1つ目ですが、まずそのスクリプトを
確認するという事です。

字幕でも良いですし、とにかく目で文字として認識できるモノです。
ただし、直ぐにスクリプトを確認してはいけません。

先日もお伝えした推測領域を鍛える力が弱まるからです。

数回聞いて、どうしても分からない場合のみスクリプト
を確認する方法を取って下さい。

そして2つ目です。ここからが大切です。

スクリプトで確認した時に原因を探って下さい。
何が原因で聞き取れなかったのか?という事を見つけるのです。

まずは以下の3つからその原因を探ってその原因に対する対策を
以下のように行って下さい。

 

1:英文を見れば意味は分かる
原因:音の繋がりが分からない
対策:英語発音強化

2:英文を見ても意味が分からない
原因:文章の構成が分からない
対策:英文法強化

3:英文を見ても意味が分からない
原因:単語の意味が分からない
対策:語彙力強化

 

1番目のスクリプトの英文を見れば意味は分かるケースでは
音が速すぎたり、子音と子音が繋がって消失する音
(リエゾン・リンキング)が原因で聞き取れないケースです。

音のスピードやリエゾン・リンキングに対応するには
自分の英語発音力を上げる事が非常に有効です。

たくさんの英文を聞いて音に慣れるのも一つの方法ですが、
英語発音を強化した方が確実に早く聞き取れるようになります。

自分のプロデュースできる音はスピードが速くてもついて
いけるようになります。

2番目と3番目はそもそも音を認識する以前の問題で
英文自体が読んでも分からないと聞いても分かりません。

ネイティブや帰国子女のように英語を言語形成期前(15歳ぐらい)
に音として認識し学んできた人には文法や単語が文字レベルで
理解できなくても音レベルで反応はできます。

しかし我々のように日本で生まれ育ち後天的に英語を
学んで来ている人にとってはその技を会得するのは
至難の技です。

地道な作業になる場合もありますが、
英文法や語彙力の力を上げる必要があります。

もちろんどうしても英文法が苦手な場合はフレーズを
大量に丸暗記していく事でも対応は可能ですが、
あまり効率的ではありません(効果的ではあります)。

そして一番やっては行けない事が、スクリプトを見てただ
スッキリした感覚だけを持つ事です。

それでは次に繋がりません。

推測領域の範囲内で理解出来ているなら、それで良し
としてもいいですが、全く何を言っているのか皆目検討も
付かない英文は必ず原因を分析してみて下さい。

おのずとご自身の弱点が見えて来ます。

 

 

関連記事

  1. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その1

  2. 英語の主語が消える?

  3. 英語リスニングのコツとは?

  4. hereとthereのこんな間違いしてる?

  5. 英語のリスニング力を上げる方法

  6. 英語発音の子音 J(dʒ)音

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 英語上達エクササイズ(wishとwantの違い)

  2. 前置詞+関係代名詞の使い方

  3. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その3

  4. 英英辞書は必要か?

  5. 関係詞と疑問文について

  6. 主要前置詞のコアをおさえろ!at編

  7. 英語名言「問題は解決できる!」

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)