「がっかり」って英語で?

本日は実際の英会話シーンで使われる英会話表現をお伝えします。

<がっかり>

I’m sorry, I don’t know how to fix it.
(ごめん、どうやって直すか分からん)

Oh my goodness, what a letdown
(えー、がっかり!)

<簡単ポイント解説:what a letdown>

letdownの前にaがあるので、名詞として扱われています。

let downがくっついて名詞になったイメージです。

whatを付けて最初に「何!」というイメージで
letdown自体を強調しています。

ちなみにletdownの代わりにdisappointment(失望)
なども使われますが、letdownの方がフランクな言い回しで良く使われます。

<本日の英会話表現のボキャビル>

実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

=letdown

an event, performance etc that is not
as good as you expected it to be」
(イベントやパフォーマンスなど、あなたが

期待していたほどではないもの)

 

関連記事

  1. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その1

  2. 関係副詞「how」の使い方

  3. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  4. 英語発音の子音 r音の出し方

  5. 基本動詞のコアをおさえろ!その5

  6. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 「そうではなく」って英語で?

  2. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

  3. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

  4. 受動態を使う目的とは?

  5. 英語上達エクササイズ「名詞+to do」

  6. 前置詞が消える英文?

  7. 「危機から脱出」って英語で?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)