お酒で英会話が上達する?

本日は、お酒で英会話が上達するのかどうかについてお伝えします。

もしこれをお読みの方が未成年の場合は
真似をしないようにして下さい(未成年の方は最後に
書いた方法でトライして下さい)。

さて、お酒で英会話が上達するのかどうか?

ですが、結論から言いましょう。

「お酒で英会話は上達します」

これは論理的にいくらでも理由を説明できますし
多くの人達がお酒の力によって英会話を上達させています。

その代表的な例を有名人で挙げると、
歌手の矢沢永吉さんですね。

彼は自宅で英語のインプット学習をしっかり行って、
夜は酒場に行ってお酒の力を使ってアウトプットを
繰り返していました。

何か彼の場合は勢いだけで英語を話しているイメージを
持たれていますが、しっかり自宅で英語のインプット学習を
行っていたという事を忘れないで下さい。

他にもお酒を飲んでいると英語が口からポンポン
出て来るという経験をされている方々は非常に
多くいらっしゃいます。

私も同様の経験をした事があります。
私は本質的に恥ずかしがり屋で人見知りな性格です。

日本人が相手でも人見知りをするのに、
外国人なんていったらもうとんでもないです。

しかし、お酒が入るとその人見知りな部分が緩和され
大胆な行動に変わり、本来インプットされている英語が
スラスラ出て来やすくなります。

人見知りの部分は人それぞれですので割愛しますが、
英語がスラスラ出て来る原因をいくつかお伝えします。

いわゆるお酒で酔うという状態によって・・・

1:判断が鈍り、気分が高揚する
2:理性が減り、頭の中で英作を行わない
3:大胆になりミスを恐れない

要するに一言でいえば、普段インプットされている英語が
「理性を失う事によってアウトプットされやすくなる」
という事です。

英語が話せない様々な壁の中でテスト英語を
学生時代に
経験して来た我々は極端にミスを恐れます。

当たり前ですが、テストでは100点を目指して取り組みますので
ミスは恐れますね。それが潜在的にも染み付いています。

それとミスを恐れるのは理性があるからです。

頭の中で言いたい事があっても、それに変わる英単語が
見つからないという理由だけで英語が口から出てこなくなります。

もっと言えば、英語の文法的な言い回しが分からなくて
口から出てこないケースも多々あります。

英単語が見つからない、文法的な言い回しが分からない
という考えも、正しい言葉や言い回しで伝える
必要があるという理性から生まれます。

これらの壁をお酒という力によって
理性が取り払われるからです。

そして、当然ですが普段からお伝えしているように
アウトプットを繰り返していると英会話は確実に上達します。

インプットだけの英語学習ではなく、
アウトプットも確実に行う必要があります。

その1つがお酒でもあるのです。

ただし、お酒で英会話が上達するには2つの条件があります。

1つはしっかりインプット英語学習を普段から行っている事。
もう1つは酔い加減を見極める事です。

1つ目のインプット学習は普段からお伝えしている通りですが、
酔い加減というのは個人差があるので自分がお酒を飲んでいる
時の状態を知る必要があります。

酔いの状態は血中のアルコール濃度によって6段階に
分かれると言われています。

その濃度が0.1%未満、つまりほろ酔い状態が一番効果的です。
これも個人差があるのであくまでも目安です。

6段階ある酔い状態の内、濃度が0.1%未満は
以下の状態です。

1:爽快期(血中濃度0.02~0.04%)

ビール中瓶1本まで日本酒1合まで
ウィスキーシングル2杯まで

2:ほろ酔い期(血中濃度0.05~0.1%)

ビール中瓶2本まで
日本酒2合まで
ウィスキーシングル3杯まで

これ以降は酩酊期や泥酔期など、まともに立てない状態や
千鳥足になるなど、英会話が上達する以前の
問題で全く意味がないでしょう。

上記2つの状態で英語を無理矢理話してみるのです。
別に1人でもOKです。

目の前に相手がいると思って、
お酒を飲んでほろ酔い状態になったら、
何でも良いのでテーマを決めて英語で話して下さい。

その時感じている事、今起きている出来事、自分の夢、
好きな人の事、自己紹介・・・とにかく何でも制限
を付けずに話してみて下さい。

例え言い回しが分からなくても、英語を話す
勢いを止めてはいけません。

英単語自体が出てこないなら、その英単語自体を
簡単に色々な言い回しで説明してみて下さい。

それでも分からなければ、分からない事を話して下さい。

例えば、
I don’t know what to say・・・
how can I tell you・・・

その言い回しに詰まった事すら話してみるのです。

是非試して下さい。

それでは、お酒が飲めない人はどうしたら
良いでしょうか?

私もお酒はあまり強く無いので普段は飲みませんが、
お酒を飲んでいる時に訪れる理性を失う状態を
意図的に作るしかありません。

その為には短い時間を決めてその中で
英語をアウトプットする反応スピードを上げる事です。

理性の入る余地が無くなるぐらいスピードを上げます。

例えばアラームで3分とセットして、その中でとにかく、話す。
最初は1分でも良いでしょう。

とにかく1分間は途切れる事なく話して、話して話しまくる。
何も考えずに、間違いも恐れずに話す。
言い回しが分からなくてもそれすら説明する。

意図的にスピードを上げる事で理性が入る余地を
遮断する事が有効でしょう。

言うまでもありませんが、しっかりインプットの
英語学習も行っているという事が条件である事
は忘れないで下さい。

 

関連記事

  1. 助動詞を簡単に理解しよう!

  2. 英会話できる人・できない人の差?

  3. 英語発音の子音 w音

  4. 主要前置詞のコアをおさえろ!over編

  5. 英語名言「恐怖はチャンス!」

  6. 英文和訳の弊害?

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 主要前置詞のコアをおさえろ!with編

  2. 英語上達エクササイズ(不定詞の用法)

  3. 英会話できる人・できない人の差?

  4. 英語発音の子音 k音とg音

  5. 主要前置詞のコアをおさえろ!about編

  6. 英語上達エクササイズ(wishとwantの違い)

  7. 基本動詞のコアをおさえろ!その7

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)