英文和訳の弊害?

本日は、英文和訳がもたらす弊害についてお伝えします。

英文和訳は本当にあなたの英語力を削ぎ落します。

もう少し具体的に言えば、英文意訳ですね。
学校英語で英文を綺麗に和訳させていたあのパターンです。

未だにこの方法を学校英語で取り入れられている事
が私には信じ難い事実です。

あの方法は一体何処の誰が取り入れようと
考えたのでしょうか?

これは声を大にして言いたいのですが絶対に止めるべきです。

我々はその弊害を知らずに、どれだけ苦労してきたか・・・
英語学習を徹底的に研究してやっと分かりました。

これが我々にとってどれだけ大きな弊害を
もたらしているかという事を。

まずその理由をお伝えしますね。

英文和訳あるいは意訳が弊害である
理由は大きく2つあります。

1:英語のまま理解できなくなる。

2:英文の「捉え方の順序」を間違える。

からです。

1つ目はいつも伝えていますが、
英語を英語で捉える力を壊してしまう問題があります。

瞬時に様々な対応が必要な英会話はテストとは違います。

いちいち日本語訳をしていてはとても追いつけません。

英文和訳や意訳に慣れてしまうと、英会話をする
際にもその英文を頭の中で和訳あるいは意訳
しようとしてしまいます。

ただしです。

慣れや経験、あるいは英語をそのまま捉える事を身に付けたと
共に和訳していたものが次第にその必要性が無くなるという
パターンは確かにありますので、

その前提がある場合は最初の内は和訳を
してしまっても結構です。

あるいは和訳を利用して全体の意味を把握して
個々の英文については前から理解していく前提で
行うならOKです。

そして2番目の英文の捉え方ですが、
これも以前から伝えている事です。

それが会話でも本でも英英辞典でも、英文が
登場してきたら必ず頭から訳す
(和訳でない場合は捉えると
理解して下さい)ということです。

これは極めて重要です。

例えば短い文章を言われるのであれば問題ない人でも、
相手に長い文章を言われると途端に付いていけなく
なるケースがあります。

そして会話が成り立たないパターンです。

これが和訳をしていないケースでも起こりうるのです。

和訳をしていないのに起こりうるとはどういう事?
と感じるかも知れませんが、そういう人は中学・高校で学んだ
完璧な英文和訳の意識が潜在的に染みついているのです。

具体的な例でお伝えしましょう。

例えば、ある子供が以下のような内容を伝えました。

My mom doesn’t like the kinds of magazines
my dod likes to read because they are all about sports
she is not interested in, and he never listens or talks to her
whenever he is reading one of them. 

この英文にはほとんど難しい単語などありませんし、
文章だけを読めば細かく分からないことはあるかも
知れませんが、大筋理解できるのではないでしょうか?

簡単な単語が並んでいるので、聞いている時には
既に頭で日本語訳する必要もない、更に相手の言っている
英語の発音も聞き取れているという前提で聞いて下さい。

それでも付いていけない人が結構います。

この場合、英文和訳の弊害で挙げた1番目の弊害ではありません。

そうです、英文和訳がもたらしてしまった
2番目の英文の捉え方の順序を間違えているからです。

中学や高校の英語の授業やテストを覚えていらっしゃる
と思いますが、英文和訳をする際にはほとんどのケース
で後ろから日本語を組み立てて前に訳します。

これは日本語と英語の文章構造の違いからです。

先日お伝えした、英語的な日本語日記を書く方法でも
お伝えしましたが、明らかに違いますよね。

英語だとピンと来ないかもしれませんが、
日本語で英語のような表現をすれば一目瞭然です。

あくまでも基本的にですが、英語はまず重要な結論
(上の文章ではMy mom doesn’t likeまたは
My mom doesn’t like the kinds of magazinesです)

を伝えます。

後は誤解を恐れずに言うと他の文章なんて全て
その肉付けでしかありません。
(the kindあるいはmagazinesから以下最後まで)

だから上の会話で言えば、

My mom doesn’t like the kinds of magazines
でもう90%近くを終えているのです。

magazines以下はどうでもいいのです。
(本当に誤解を恐れずに言うとです)

しかし日本語で英文和訳や意訳をする時には後ろから
日本語が完璧に分かるように訳そうとします。

それはそうですよね。
語順が全く逆なのが日本語と英語ですから。

特に主人公(主語)と動作(動詞)が
日本語と英語では真逆です。

その癖が抜けきらずに、せっかく頭の中で和訳をしていない
状態で発音も聞き取れているのに、文章の全てが完結するまで
無意識に待ってしまい、捉えようとしていないのです。

だから最初の方に言われた事など、どこかへ飛んでしまいます。
英文ではとても大切な結論であるにも関わらずです。

あるいは、捉え方の順序を間違うために全体的に
分からなくなってしまいます。

ですから、仮に英文和訳を百歩譲ってOKとするならば、
中学校でも高校でも以下のような日本語であっても
正解とするべきなのです。

僕のママは嫌いなんだ(My mom doesn’t like)
ある種の雑誌がね(the kinds of magazines)
それはパパが好きなやつ(my dod likes to read)
で全部スポーツなんだよ(because they are all about sports)
ママが興味ない(she is not interested in)
だから会話とかしないんだ(and he never listens or talks to her)
パパがそんな雑誌を読んでいる時はいつもね(whenever he is reading one of them.)

ここで強調したい事は常に英文は会話でも本でも
英英辞書でもどこでも出合ったら必ず「結論・修飾」
「結論・修飾」
ぐらいの気持ちで前から捉えるということです。

どうしても、学校で教わった後ろから訳す英文和訳の
癖が抜けない人は子供向けの洋書を読んで下さい。

あるいは興味のある洋書で1ページ内に分からない
単語が数個程度しかない本を読んで下さい。

共通して言えることは難しい単語がちりばめられた
洋書ではダメだという事です。

簡単な単語が用いられているものなら
何でも
良いので読んで下さい。

それを読んでいる時には前から訳していく
(出来れば和訳せずに意味を捉えて下さい)
癖を付けて下さい。

これで驚くほど改善していくはずです。

 

関連記事

  1. 基本動詞のコアをおさえろ!その6

  2. 「順番に説明する」って英語で?

  3. 不定詞を使う目的?

  4. 英語名言「自分を信じる方法」

  5. 日常英会話のボキャビル(クレジットカード会社やり取り)

  6. 「忘れた頃」って英語で?

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 英語発音の子音 sh(ʃ)音の出し方

  2. こんな英語目標は実現しない?

  3. 日常英会話のボキャビル(ケーブルTVの契約)

  4. 「詳細を言う」って英語で?

  5. 英語リスニングのコツとは?

  6. 「日陰に行こう!」って英語で?

  7. 基本動詞のコアをおさえろ!その4

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)