関係代名詞「whose」の使い方

今回は英文法に出てくる関係代名詞についてお伝えします。

いつものように数式のように覚えるのではなく、
今回もなぜ関係代名詞を使うのか?という目的をしっかり理解しましょう。

関係代名詞を使う目的は人や物・動物などを文章で
説明・修飾したい時に使います。

それによって文を途切らせる事なく追加情報を
相手に与える事が可能になります。

関係代名詞が人に対する追加情報を伝えたい時はwhoを使います。
それがものや動物などの場合はwhichを使います。

色々詰めすぎると混乱するのでここまで3回に分けて
お伝えしてきましたが、今回はwhoseに絞って
お伝えします。

第1回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その1

第2回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その2

第3回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その3

whoseはこれまでの主語・目的語を修飾するのではなく、
「whose +名詞」で所有する人・モノ・動物全てに
対応する関係代名詞です。

基本的には以前に説明したwhoやwhichと使い方は同じです。

例えば、

I know the girl.

という文章があるとします。この時あなたは
the girlについて
色々な追加情報を持っているとします。

例えば、

The girl’s father(Her father) is a teacher.

という追加情報です。

これをひとまとめに、

I know the girl whose father is a teacher.

whoseという関係代名詞を使ってThe girl’s father
の追加情報を
途切れる事なく説明できるのです。
(Her fatherの方が本来はピンと来ますがあえて分かりやすく
するためにThe girl’s fatherとしています)

またモノであれば、

She lives in a house
The house’s walls are painted pink.

She lives in a house whose walls  are painted pink.

whoseは所有を表すので省略はできません。

whoseの場合も当たり前ですが、左から右へそのまま
感じ取りましょう。

I know the girl whose father is a teacher.
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

私は知ってます、その女の子「女の子のお父さん」は医者である。

She lives in a house whose walls  are painted pink.
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

彼女は住んでいます家に「家の壁」は塗られているピンクに。

のように左から右に(英会話なら前から順番に)そのまま
解釈していくだけで混同はなくなります。

ここまでの関係代名詞を少しまとめておきますと・・・

主語を彩るwhoやwhich、thatは直ぐ後に
動詞が来て省略もできません。

目的語を彩るwho(whom)やwhich、
thatは直ぐ後に文(主語と動詞)が来て省略できます。

所有を彩るwhoseは直ぐ後に名詞が来て省略はできません。

以上、今回は関係代名詞についてお伝えしましたが、
いつも通りその目的を考え、その目的に沿って音読して
「感じる」
事で初めてテストではなく活きた使える
英文法に昇華していきます。

実践していきましょう!

 

関連記事

  1. 主要前置詞のコアをおさえろ!about編

  2. 「順番に説明する」って英語で?

  3. 英語発音の子音shの有声音(ʒ)

  4. 英語の発音練習と意味理解は分ける?

  5. 前置詞のニュアンスを理解する?

  6. 英語発音の母音e音

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 関係代名詞「that」の使い方

  2. 助動詞を簡単に理解しよう!

  3. haveが消える英文とは?

  4. 「順番に説明する」って英語で?

  5. スキマ時間の英語学習法

  6. 英語名言「不退転の決断」

  7. 「持って生まれた才能」って英語で?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)