英語学習を継続するコツとは?

本日は、英語学習を継続するコツについてお伝えします。

英語学習を頑張ろう!と心に決めてもなかなか
継続しない現実があります。

その時に継続させていくコツは実は結構あるのですが、
今日はその中の1つで英語学習の見える化をおすすめします。
(他のコツはいずれ紹介します)

英語学習の見える化というのは、単純に英語学習をしている、
あるいはしていた状況を見えるように
記録しましょうという事です。

シンプルです。

例えば、以前にもスキマ時間でできる英語学習を
書き出しておくあるいは英語学習への第1歩を作り
それを書き出しておくという事をこちらの記事で伝えしました。

スキマ時間の英語学習法

それらも見える化の1つですが、今日お伝えしたいのは、
結果を見える化して欲しいという事です。

つまり、今日行った英語上達に繋がる全ての事を
書き出して欲しいという事です。

これはかなり継続するという意味では効果的です。

一時期、レコーディングダイエットというモノが
流行ったのをご存知ですか?

あれは単純に1日に食べた内容とカロリーを
書き留めるだけというダイエット方法です。

それを英語学習でも全く同じように書き出す
習慣を付けてみて下さい。

例えば、

シャドーイング30回、リピーティング10回、
○○を3ページ通読、○○のリスニング10分等々です。

ここでは出来るだけ、数値化できるなら数値化してみて下さい。

人間は不思議なもので、結果を書き出している内に
その内容への意識が高まります。

これは先ほどのレコーディングダイエットだけでなく、
筋トレやピアノなど学習系やスキル系アップにも役立ちます。

お金もかからず手軽にできますしね。

ただし、注意したい事は書き出す中身に凝らないという事です。

例えばノートに書き出す場合に、そのノートを
綺麗にカラフルな状態にするとか、手帳だったら手帳
を綺麗に装飾するなどです。

もちろんそれでモチベーションが上がるなら
全く問題ないですが、それで記録する事自体が面倒
になったら本末転倒です。

是非簡易的なモノでとにかく見える化を行う
意識で1日の英語学習(英語上達に繋がるモノは全て)
を記録する癖を付けてみて下さい。

ステップ1:ノートとペンを用意する

ステップ2:1日の英語上達に繋がる行動を記録
*出来るだけ数値化できる箇所を見つけて数字と共に記載する。

このたった2ステップです。

これを日々眺めているだけで英語上達の実感は
ともかくそこに向けてのプロセスを経ていると言う
実感は確実に湧いてきます。

その湧き出るエネルギーが英語学習を継続する源泉にも
なり得るのです。

是非、英語学習の見える化を行って継続していきましょう!

 

関連記事

  1. 「明けても暮れても」って英語で?

  2. whileとduringの違いとasの意味

  3. 英語のパタンプラクティスって?

  4. 英語名言「チャンスに気づけ!」

  5. 英語の主語が消える?

  6. 英語上達エクササイズ(to doの用法)

  1. 英語上達エクササイズ(althoughとthoughの違い)

    2021.12.07

  2. 接続詞norの使い方

    2021.12.06

  3. 日常英会話のボキャビル(インターネットの契約)

    2021.12.03

  4. haveが消える英文とは?

    2021.12.02

  5. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

    2021.12.01

  6. 「詳細を言う」って英語で?

    2021.11.30

  7. 英語発音の子音 k音とg音

    2021.11.29

  1. 英英辞書は必要か?

  2. 英語リスニングが上達しない時にやる2つの事

  3. 英語発音の子音 M音

  4. 接続詞のand but orの働き

  5. 英語名言「自分を磨く!」

  6. お酒で英会話が上達する?

  7. 副詞のlyが消える?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)