効果のある英語音読法とは?

本日は、その効果は計り知れない威力を持っている
英語の音読法についてお伝えします。

ちなみに音読は必ず実践するべきです。

英語音読はスピーキング・リスニング・ライティング・リーディング
という4つの技術を全て向上させると言っても過言では
ないぐらい大切です。

それでは英語音読の種類を難易度の低い順に4つ紹介していきます。

 

【1:オーラリング】
⇒名前は私が勝手に付けましたが、要するに音声英文無しで
自分だけの声で英文を音読していく方法です。

【2:パラレリング】
⇒これも私が勝手に名付けましたが、英文見ながら音声と
全く同じタイミングで音読していく方法です。

【3:シャドーイング】
⇒こちらは有名ですが英文音声から1、2秒ずれて
音読していく方法です。

【4:リピーティング】
⇒こちらも有名ですが英文音声を聞いて、一定の長さ(チャンク単位)
で一旦音声を止めて、その英文をリピート音読していく方法です。

1番簡単なのはオーラリングです。
最も難易度が高いのがリピーティングになります。

そしてあくまでも基本的には以下の注意点があります。

1番目のオーラリングは英文テキストを実際に自分で読んで行きます。

2番目のパラレリングは英文テキストがあれば、
音声と一緒にそれを見ながら実践しても構いません。

3番目のシャドーイングは英文テキスト
無しで音声だけで実践します。

4番目のリピーティングは英文テキスト無しで
音声だけで実践します。

更に全てに共通して言える2つの注意点が・・・

1:英文の意味を把握している事
2:英語発音練習を事前に行っている事

です。

1番目の注意点は当たり前ですが英文の意味理解を
伴わない音読は単なる作業で時間のムダです。

意味不明なアラビア語を音読しているのと同じです。

何か英語の音読をしていれば実践した気になりますが、
全く意味はありません。

意味理解を伴い、発話実感(相手に伝えるイメージで)
を込めて音読しないモノは音読の垂れ流し状態です。

丁度英語を聞き流す状態が全く意味ないのと
同じで音読でも言い流す?とでも言いますか・・・
それは聞き流す同様に意味が無いのです。

そして、2番目の英語発音を身につけていない場合は
折角の音読効果が半減してしまいます。

自分でプロデュースする音がある程度のクオリティーが
あると音読によってリスニング力も飛躍的に高まります。

少なくとも、音のプロデュース過程を知っておくという事は大切です。

そして4つの音読の中で、一番難易度が
高いのが4番目のリピーティングです。

これは暗記力も試されるので、非常に難しいです。

丁度、逐次通訳(話者の話を数十秒ごとに区切って通訳する)
のように記憶力も試されるモノと同じ難しさですね。

これがハードだと感じる場合は、

3番目のシャドーイングまででも構いません。
よって1~3番目までの英語音読は必ず実践した方が良いです。

どうしても難しい場合は最優先すべき音読は
3番目のシャドーイングです。

シャドーイングは全ての理に叶っている
音読方法だからです。

もしシャドーイングがどうしても難しい場合は
2番目のパラレリングを何度も行ってから実践してみて下さい。

明らかにシャドーイングが楽になっていきますので。

そして回数に関しては最低40回以上は行うべきです。
1~4番目の音読(あるいは1~3番目)を合計して
最低40回以上です。

この40回という数字は私が個別指導開発を
行っている時にほとんどのモニターさん達に変化が
あらわれたのが40回以上だからです。

是非上記の英語音読法を英語学習に取り入れて下さい!

 

関連記事

  1. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

  2. 英語発音の子音 ch音の出し方

  3. hereとthereのこんな間違いしてる?

  4. 英語発音の子音 J(dʒ)音

  5. 主要前置詞のコアをおさえろ!for編

  6. 「気持ちの問題」って英語で?

  1. 英語名言「チャンスを逃すな」

    2022.05.24

  2. 「お前に腹立った」って英語で?

    2022.05.17

  3. 日常英会話のボキャビル「子犬の世話」

    2022.05.10

  4. 英語上達エクササイズ「with+no+名詞」

    2022.04.26

  5. 日常英会話のボキャビル「部屋の掃除」

    2022.04.19

  6. 英語名言「成功へのタイムラグ」

    2022.04.12

  7. 「考えもしなかった」って英語で?

    2022.04.06

  1. 英語名言「夢が現実を壊す!」

  2. 主要前置詞のコアをおさえろ!with編

  3. 英語の時制を分かりやすく理解する方法

  4. 英語発音の子音 ch音の出し方

  5. 英語の短縮・同化する例

  6. 英語発音の子音 L音

  7. 英語上達エクササイズ(使役動詞のmakeとは?)

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)