関係代名詞「what」の使い方

今回は英文法に出てくる関係代名詞についてお伝えします。

いつものように数式のように覚えるのではなく、
今回もなぜ関係代名詞を使うのか?という目的をしっかり理解しましょう。

関係代名詞を使う目的は人や物・動物などを文章で
説明・修飾したい時に使います。

それによって文を途切らせる事なく追加情報を
相手に与える事が可能になります。

色々詰めすぎると混乱するのでここまで関係代名詞について
5回に分けてお伝えしてきましたが、今回はwhatに絞って
お伝えします。

第1回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その1

第2回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その2

第3回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その3

第4回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その4

第5回目の記事はこちら
関係代名詞の使い方その5

今回は関係代名詞のwhatですが、whatは今までとは違い
少し例外的なイメージを持つ関係代名詞です。

今までは共通の名詞がありその追加情報を与えるのが
関係代名詞でしたが、whatにはそれがありません。

分かりにくいので英文を通して説明しましょう。

What worries me is the result
of the medical check.

少し今までの関係代名詞を使った英文とは
異質な感じはしませんか?

whatの関係代名詞はそれ自体に名詞と
関係詞の両方を含んでいるのです。

強いて言えば「what=the thing which」
のようなイメージです。

もう一度上の文章をthe thing whichでに変えてみると

The thing which worries me is the result
of the medical check.

この文章をそれぞれ分けてみると

The thing is the result of the medical check.
The thing worries me.

のようになります。

別の例文を見てみましょう。

She couldn’t believe what he saw.

これも

She couldn’t believe the thing which he saw.

のようなイメージになります。

This is what I wanted.

これも

This is the thing which I wanted.

のようなイメージです。

わざわざthe thing whichなどと使わなくても
whatという関係代名詞1つで事足りるので便利です。

what自体にthe thing whichという名詞と関係代名詞が
含まれていると考えてみるとwhatを使った関係詞節は

上記例文のように主語にもなりますし、
目的語にもなりますし、補語にもなります(名詞だからです)。

 

関連記事

  1. 主要前置詞のコアをおさえろ!off編

  2. 英語名言「恐怖はチャンス!」

  3. 英語上達エクササイズ(to doの用法)

  4. 英会話できる人・できない人の差?

  5. 英語上達エクササイズ(no matter howの使い方)

  6. 英語上達エクササイズ(リアル英語のon the other side)

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 受動態を使う目的とは?

  2. 英語上達エクササイズ(現在完了の受け身)

  3. 基本動詞のコアをおさえろ!その5

  4. 英語発音の子音 L音

  5. 英語発音の子音b音とp音

  6. 前置詞のニュアンスを理解する?

  7. 関係代名詞「that」の使い方

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)