複合関係詞を簡単に理解する!

今回は英文法に出てくる複合関係詞についてお伝えします。

いつものように数式のように覚えるのではなく、
今回もなぜ複合関係詞を使うのか?という目的をしっかり理解しましょう。

複合関係詞を使う目的は疑問詞にeverを付けて「〜疑問詞なら
なんでも」という意味で名詞の役割を果たす時に使います。
「疑問詞〜しようとも」という意味で副詞の役割を果たす時に使います。

つまり複合関係詞を含んだ文章全体で名詞や副詞の役割を果たします。

複合関係詞という難しそうな名前に惑わされる事なく、
「疑問詞+ever」という形を常に考えておけばOKです。

それが名詞的に使われる時、副詞的に使われる時がある
という事です(名詞は主語や目的語の働き、副詞は名詞以外の
全てを彩る(修飾)する役割)

例えば、

whoever、whichever、whatever、
whenever、wherever、however

のように疑問詞にeverをつなげて作ります。

whoeverで名詞として「〜する人は誰でも」
The school admits whoever pays the admission fee.
(その学校は認めている、払う人は誰でも入会金を)

whicheverで名詞として「〜するのはどれでも」
Please take whichever you want.
(どうぞお取り下さい。どれでもあなたが欲しいもの)

whateverで名詞として「〜するのは何でも」
You can order whatever you need.
(オーダーして。何でもあなたが必要なもの)

wheneverで副詞として「〜する時はいつでも」
Could you call me whenever you get up.
(電話して、いつでもあなたが起きた時)

whereverで副詞として「〜するならどこでも」
You can go wherever you like.
(あなたは行けるよ、どこでもあなたが好きな)

howeverで副詞として「〜するならどうやっても」
You can do it however you need.
(それをやれるよ、どうやってもあなたが必要なら)

という使い方です。

また副詞として使われる場合にはno matter 疑問詞
という形でも問題はありません。

例えば上記に挙げた3つの名詞としての疑問詞+everは
副詞としても使われます。その場合はno matter 疑問詞でも
同じ意味です。

whoever=no matter who
I don’t care whoever calls me.
I don’t care no matter who calls me.
(気にしない、誰が電話して来ようと)

whichever=no matter which
Whichever you take、just let me know
No matter which you take, just let me know. 
(どれを持って行っても、教えてね)

whatever=no matter who
I will support you, whatever happens.
I will support you, no matter what happens.
(サポートするよ、何が起きても)

no matterはmatter(問題)をnoで完全に打ち消すので

no matter whoなら誰でも問題ない
no matter whichならどれでも問題ない
no matter whatなら何でも問題ない

という意味が込めらます。

以上が複合関係詞と呼ばれるものですが、
あまりこの難しそうな名前に翻弄されずに疑問詞+everという
型をシンプルに理解しておきましょう。

 

関連記事

  1. 英語上達エクササイズ(both A and B)

  2. 「現状」って英語で?

  3. 「日陰に行こう!」って英語で?

  4. 英語名言「恐怖はチャンス!」

  5. 現在完了形の使い方

  6. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 接続詞のand but orの働き

  2. 英語リスニングが上達しない時にやる2つの事

  3. 英会話の短縮パターン

  4. 基本動詞のコアをおさえろ!その6

  5. 英語発音の子音b音とp音

  6. 英語上達エクササイズ(It is構文とは?)

  7. 関係副詞「where」の使い方

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)