「選択の余地は無い」って英語で?

本日は実際の英会話シーンで使われる英会話表現をお伝えします。

<選択の余地は無い>

Have you decided the way you try yet?
(もうその方法でやるって決めたの?)

Why not? What’s the alternative?
(もちろん、他に何がある?(選択の余地は無い))

<簡単ポイント解説:What’s the alternative?>

alternativeとは2者択一や代案という意味です。

前にtheが付いているので、名詞として使われている
ことが分かりますね。

theとは理由は何であれ、「1つに決まる」ので
直訳すると「何が代案なのだ?」という事でもう1つの
決めた代案があるなら言ってみろ!

つまり「選択の余地は無い」ぐらいのイメージです。

ちなみにalternativeを今回は名詞として使っていますが、

alternative method(代わりの手法)
など形容詞としても良く使われます。

<本日の英会話表現のボキャビル>

実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

=What’s the alternative?=

「Ask one of a number of possible choices
of action but think there is no choice」

(1つの可能な選択を尋ねるけど、選択肢は無いと考える)

 

関連記事

  1. 接続詞so/forの使い方

  2. 英語発音の子音 L音

  3. 関係代名詞「which」の使い方

  4. 英会話のhave gotの意味?

  5. 英語のリスニング力を上げる方法

  6. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その1

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 英語名言「思考を理想へ変える」

  2. 英語上達エクササイズ(動名詞の用法)

  3. 副詞のlyが消える?

  4. 「選択の余地は無い」って英語で?

  5. 主要前置詞のコアをおさえろ!in編

  6. 英語発音の子音 ch音の出し方

  7. お酒で英会話が上達する?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)