to不定詞が消える英文とは?

今回はto不定詞が消える英文についてお伝えします。

以前にこちらの記事で消えるパターン
をお伝えしていますので参考にして下さい。

英語の主語が消える?

ifが消える英文とは?

be動詞が消える英文とは?

毎回お伝えしますが、英文法を理解している人が良く嘆く
傾向として
省略されている事を知らずに・・・

「何でこんな言い回しになるの?」
「自分のリスニング力がダメだ・・・」

と悲観してしまうケースがあります。

良く指導していた時に何度もご相談を受けた案件です(笑)。

しかし実際に省略されているから、聞き取りようがないの
ですが、省略されている事を知らないので、
自分のリスニング力を疑ったりします。

「どうしても聞き取れない・・・」当たり前です。

今回は「to不定詞」が消えるパターンをお伝えします。

to不定詞というのはtoと動詞がくっついた形をしているモノです。

例えば、

I want something to eat.

の「to eat」です。

ちなみに私はこのtoを見たり、聞いたりしたら
常にtoは⇒(矢印)というイメージを持っているので、

何とか形容詞的法とか副詞的法とかそういった
分け方は考えません。

toが出て来たらその後に動詞が来ようが、
名詞が来ようが、その方向へ導かれるイメージです。

だからあまりto不定詞という定義はありません。

もちろん、このベースにあるto不定詞というモノの
知識が無いとそのように捉えるのは難しかも知れませんが、
基本的には上記の通りです。

そして自ら使う時には、動詞を使って表現したい時に
toと動詞のセットをペタッと貼付けるイメージです。

先ほどの例で言えば、

I want somethingまで来て、
食べたいならto eatで補うという事です。

そしてこのto不定詞というモノが英会話では
省略されるケースが結構あるんですね。

to不定詞が省略されると必然的に文章内にあり得ない
動詞が2つあるという状況が起きてしまいます。
(1つの文章に1つの動詞が基本です)

そこで混乱してしまうケースですね。

ただし、パターンは2つぐらいに多く起きている
のでそこを抑えておけばOKです。

【パターン1:goとcomeの後】

これは頻繁に起きますが、
例えば・・・

Go (to) get it.
Come (to) see me.

などgoとcomeを使った短い命令調の時に起きます。

この文章は一見すると動詞が文章内に2つ
入っているので本来はあり得ない文章です。

しかし、本来間に入るべきtoが良く省略されて
いるという事です。

ここで聞き取る時にtoが無いからおかしい・・・
と悩む事はありません。

【パターン2:be動詞の後】

これは例文を見た方が早いと思います。

例えばこんなケースです。

OK, I tell you that all you have to do is
(to) do your homework right now!

あるいは、

Taking a walk is (to) make me feel better.

このようにbe動詞の後に本来は登場予定のtoは
省略されるケースが頻繁に起きます。

ここでも本来はbe動詞の後に直ぐに動詞が来る
というあり得ない状況ですが、単純に
省略されている
だけです。

これらの2パターンのように完全に省略されている
ケースもありますし、

あまりにも音が小さく聞き取れないパターンもありますが、
それぐらいto不定詞のtoというものは
あまり
重要な語句ではありません。

本当に方向を示したい時に使われるtoの方が
より重要度が高いです(EX:go to the stationなどのto)。
ですから不定詞のtoを聞き漏らしたからと言って
何の問題も特に起きません。

 

関連記事

  1. 英語発音の子音 j音(イ音)

  2. 英語発音の母音「ʌ」音

  3. 英語名言「チャンスに気づけ!」

  4. 「先延ばしにしてきた」って英語で?

  5. 「危機から脱出」って英語で?

  6. 英語発音の母音e音

  1. 「お前に腹立った」って英語で?

    2022.05.17

  2. 日常英会話のボキャビル「子犬の世話」

    2022.05.10

  3. 英語上達エクササイズ「with+no+名詞」

    2022.04.26

  4. 日常英会話のボキャビル「部屋の掃除」

    2022.04.19

  5. 英語名言「成功へのタイムラグ」

    2022.04.12

  6. 「考えもしなかった」って英語で?

    2022.04.06

  7. 英語名言「失敗は成功のギフト」

    2022.03.25

  1. 不定詞を使う目的?

  2. 英語の短縮・同化する例

  3. 英語発音の子音 t音とd音

  4. 英語上達エクササイズ(in whichの用法)

  5. 英語名言「チャレンジが最大の防御」

  6. 英語名言「怒りをコントロール」

  7. 英語名言「チャンスに気づけ!」

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)