hereとthereのこんな間違いしてる?

本日はhereとthereでこんな間違いをしていませんか?
という内容をお届けします。

以前に私が英語指導している時にhereとthereの
勘違いしている方々が良くいらっしゃいました

まずは以下の文章を読んでみて下さい。

Here is cold!(ここは寒い)
I like here!(ここが好き)
There is beautiful!(そこは美しい)

この英文を読んでどのように感じたでしょうか?

hereやthereをこのように使っては
いないでしょうか?

この英文を見て、あるいは音読して何か
違和感を抱いた方は正解です。

特に違和感も抱かず普通だと感じた場合
ここで是非、覚えて下さい。

hereもthereも、そもそもappleなどのような
名詞ではないので文の主語にはなり得ません。

hereもthereもその意味の中身には a place(場所)
あるいはthe place(特定されている場所)が
含まれて
いるのです。

だから誤解されるケースがあるとは思いますが、
hereとthereはその場所という意味と、

更に場所にとってどうしても必要な要素も
セットでくっついています。

それは方向性を判断する(toなど)または中か外か
を判断する(inなど)あるいはピンポイントで
特定する
(atなど)ようないわゆる前置詞と
呼ばれるものがセットになっています。

here/there=to a/the place, in a/the place, at a/the place

等々

そして例えばplaceをshopに例えて考えてみます
冒頭にお伝えした文章は以下のようになります。

To the shop is cold!(お店へ寒い?)
I like in the shop!(そのお店の中で好き?)
At the shop is beautiful!(お店で美しい?)

 冒頭の文章はこのように言っているのと同じことになります。
この文章ならば実際に言う人はほとんどいないでしょう。

しかし、冒頭にあげたhere/thereを
使った文章は実際に言っている人がいます。

ちなみにhere/thereを使って冒頭に挙げた
内容を伝えたい場合は、

It is cold here!
I like this place!
It is beautiful there!

 です。

1番目と3番目の文章は主語がどうでもいいなら
Itで代用しておけばOKです。

天気や時間や距離なんかを表したい時にも
主語を何にするか分からないからitを
使うケースと同じです。

ただし、

Here/There is a pen.

という文章があります。

これは正しいのです。ややこしいですね。

これはですね、ここあるいはそこにPenがあるという
まさに場所を強調したい時だけに起きるケースです。

その場合は強調したい気持ちが強すぎて
普段のルール以外の語順が起きてしまいます。

これも本来は、

A pen is here.あるいはA pen is there.

が正しい語順です。

強調するなどの理由から語順が変わるケースもありますが、
基本はhereもthereもそれ自体単独で主語にすることは
できませんので気をつけて下さい。 

【まとめ】
hereとthereが基本的に主人公になる事はない。
here/there=to a/the place, in a/the place, at a/the place

 

関連記事

  1. 接続詞so/forの使い方

  2. 英語名言「不退転の決断」

  3. 接続詞のand but orの働き

  4. 「急いでる」って英語で?

  5. 英語発音の母音e音

  6. 前置詞が消える英文?

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 関係副詞「when」の使い方

  2. 「現状」って英語で?

  3. ifが消える英文とは?

  4. 基本動詞のコアをおさえろ!その6

  5. 関係副詞「why」の使い方

  6. 「順番に説明する」って英語で?

  7. 英文和訳の弊害?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)