接続詞のand but orの表現

本日は接続詞のand-but-orを使った表現についてお伝えします。

接続詞を使う目的は1つの文と別の文を
つなげたい時に使います。

接続詞のand but orについてはこちらの記事も
参考にしてください。

接続詞のand but orの働き

both A and B

AとBの両方ともとどちらも強調している言い回しです。

I bought both a burger and French fries.(ハンバーガーもポテトも両方とも)

not A but B/not only A but also B

not A but Bは「AではなくB」という意味でnot only A but also Bは「AだけでなくBも」という意味。
後者はalsoが省かれる事も多い。また両者ともにBに強調が置かれています。

She has not one but two bags.(1つではなく2つのバッグを持っている)

She speaks not only English but (also) Japanese.(英語だけでなく日本語も)

either A or B

「AかBのどちらか」という意味でAまたはBという2択のうちの1つを強調します。

I think she is either beautiful or kind.(美しいか優しいか)

neither A nor B

「AでもBでもない」「AもBも〜ない」という意味で両者共に否定する時に使います。

The suspect neither admits nor denies that he committed a crime.(認めないし否定もしない)

 

 

 

関連記事

  1. 英語学習の環境を整える1

  2. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

  3. 「連絡する」って英語で?

  4. 主要前置詞のコアをおさえろ!for編

  5. whileとduringの違いとasの意味

  6. 英語名言 夢を実現しよう!

  1. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

    2022.01.17

  2. 英語発音の母音 i:音

    2022.01.14

  3. 英語上達エクササイズ(be likely to doとは)

    2022.01.13

  4. 英会話の短縮パターン

    2022.01.12

  5. 日常英会話のボキャビル(美容室の予約)

    2022.01.11

  6. 英語学習の環境を整える1

    2022.01.07

  7. 英語名言「準備を大切にする」

    2022.01.06

  1. 英語名言「怒りをコントロール」

  2. 主要前置詞のコアをおさえろ!to編

  3. 接続詞の使い方とは?

  4. 接続詞のand but orの働き

  5. 英語発音の子音b音とp音

  6. スキマ時間の英語学習法

  7. 英語名言「快適空間から脱出?」

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)