接続詞norの使い方

本日は接続詞norの使い方についてお伝えします。

接続詞を使う目的は1つの文と別の文を
つなげたい時に使います。

norで結ぶ語句

notやneither、neverなどと一緒に使われるケースが多くAやBなどの語句を両方とも否定します。
orを使っても良いですがorの時よりも明確な否定を示したい時にnorを使います。

What they need is not fame, nor money.(名声でもお金でもない)

norで結ぶ節

norは語句だけでなく節も結ぶ役割を果たします。
しかしnorに続く節は倒置が起きるので注意しましょう。

She doesn’t want to see a spider, nor does she want to eat one.
(クモを見るのもダメだし、食べるのもだめ)

He hasn’t arrived yet nor has his brother.
(彼は到着していない、弟も到着していない)

関連記事

  1. 「持って生まれた才能」って英語で?

  2. 前置詞のニュアンスを理解する?

  3. 英語上達エクササイズ(動名詞の用法)

  4. 基本動詞のコアをおさえろ!その6

  5. 英語上達エクササイズ(rather thanの使い方)

  6. 英文の意訳はやめなさい!

  1. 英語名言 全ては自己責任!

  2. 頭を冷やすって英語で?

  3. 英語発音の母音 əː(ɜː)音

  4. 英語上達エクササイズ howeverとbutの違い

  5. 英語名言「試練は超えられる!」

  6. 注意事項を読むって英語で?

  7. 英語発音の母音 ə音

  1. 英語の基本動詞コアをおさえろ!その2

  2. 英語アウトプットを手軽に増やす方法

  3. 英語発音の子音b音とp音

  4. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

  5. 英語学習のやる気が起きない?

  6. 日常英会話のボキャビル(ケーブルTVの契約)

  7. whileとduringの違いとasの意味

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)