英語名言「環境の変化に対応する」

本日は英語の名言を紹介します。
英語名言から英語だけでなく
人生の知恵も習得しましょう!

It is not the strongest of the species that survive, nor the most intelligent
but the ones most responsive to change.

by Charles Darwin

「生き残るのは・・・最も強いものではない。最も賢いものでもない。
環境の変化に最も敏感に反応するものだ」

ダーウィン進化論の有名な言葉です。

大きな物差しである「国」レベルでもそうですし、会社などの「組織」レベルでもそうですし、
「個人」レベルでも環境の変化に適応することが進化する重要な要素ですね。

我々は過去から現在まで様々な環境の変化に適応して進化してきました。
環境が変化する時は非常に居心地が悪いです。

海外に留学したり在住したりすれば旅行レベルでは感じられない居心地の悪さを感じます。
その中でどれだけ変化に適応できるか?が文化や食生活、語学も含めて大切ですね。

そこに適応できると進化します。
海外でなくても日本でも同様です。

環境が変化したらチャンスだと思ってそれに適応するためにあらゆる行動を行っていくことが必要ですね。
さらに1歩進んで環境を自ら変化させて居心地悪い状態を作り出し、そこに適応させていくことを
繰り返すととてつもないサバイバリティが身につきます。

 

関連記事

  1. 英語の発音練習と意味理解は分ける?

  2. 英語リスニングのコツとは?

  3. 英語学習の環境を整える1

  4. 英会話の短縮パターン

  5. 英語発音の子音 r音の出し方

  6. 主要前置詞のコアをおさえろ!on編

  1. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

    2022.01.17

  2. 英語発音の母音 i:音

    2022.01.14

  3. 英語上達エクササイズ(be likely to doとは)

    2022.01.13

  4. 英会話の短縮パターン

    2022.01.12

  5. 日常英会話のボキャビル(美容室の予約)

    2022.01.11

  6. 英語学習の環境を整える1

    2022.01.07

  7. 英語名言「準備を大切にする」

    2022.01.06

  1. 接続詞のand but orの表現

  2. スキマ時間の英語学習法

  3. 基本動詞のコアをおさえろ!その6

  4. 「当たり外れ」は英語で?

  5. 英文の意訳はやめなさい!

  6. 接続詞のand but orの働き

  7. 英語学習の環境を整える1

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)