文末が消える英文とは?

今回は文末が消える英文についてお伝えします。

以前にこちらの記事で消えるパターン
をお伝えしていますので参考にして下さい。

英語の主語が消える?

ifが消える英文とは?

be動詞が消える英文とは?

to不定詞が消える英文とは?

副詞のlyが消える?

前置詞が消える英文?

haveが消える英文とは?

hadが消える英文とは?

毎回お伝えしますが、英文法を理解している人が良く嘆く
傾向として
省略されている事を知らずに・・・

「何でこんな言い回しになるの?」
「自分のリスニング力がダメだ・・・」

と悲観してしまうケースがあります。

良く指導していた時に何度もご相談を受けた案件です(笑)。

しかし実際に消えていたり省略されているから、聞き取りようがないの
ですが、省略されている事を知らないので、
自分のリスニング力を疑ったりします。

「どうしても聞き取れない・・・」当たり前です。

今回は「文末が消える英文」パターンをお伝えします。

今回は「文末」が消えるパターンをお伝えします。

文末が消えるパターンとは今までご紹介してきた
消えるパターンよりも
なじみはあると思います。

つまり、文章の最後で繰り返しを避ける為に消えるパターンです。

日本語でもこのパターンはありますね。

例えば、

「昨日、夕食は何食べたの?」
「ハンバーグ」

というイメージです。

本来は「僕はハンバーグを食べた」と言う事が
正しい言い方ですが、主人公(僕)も動作(食べた)
も消えるケースがありますね。

英語でもこれと似たケースがあります。

ただし、英語の場合は主人公が省略される
ケースは稀です(上記のような例ではあり得ますが)。

その後に本来続く動詞や名詞あるいは句(熟語のようなモノ)
などが消えるパターンが多いのが特徴です。

例えば、昔流行ったJFKという映画の中であった以下の会話です。

「Who’s in charge here?」
「I am. ( in charge here)」

本来、I am.で終わる文章は間違いというより
存在しようがないですね。

いきなりI amと言われても意味が分からないからですが、
このような返答シーンでは
例えbe動詞と呼ばれるモノがあっても
続く言葉は消える
ケースがあります。

他にもかつて様々な賞を獲得した海外ドラマでボストンの
法律事務所を舞台に繰り広げられたコメディドラマの
Boston Legalではこんな台詞がありました。

「Is it over?」
「It is. (over)」

これも本来、It is.で終わる文章などあり得ませんね。

しかし返答シーンでの繰り返しを避ける為に
このように消えるパターンが起こります。

このように文末の消えるパターンは返答シーンで起こる
ケースが多いのですが、返答シーンだけでも
ありません。

例えば、これはアメリカでも大人気の被害者の骨から
証拠を見つけて事件を解決して行くBonesという
海外ドラマ
での台詞です。

I’m fairly certain you’re not supposed to. (do that)
(めっちゃ確信しているよ、君はそれをする事になっていない!)

この場合も本来あるべきdo thatが消えています。
もちろん聞き手がdo thatの意味を既に理解しているからこそ起こります。

ちなみにsupposed toというのは、何とも日本語で
言い表すのが難しいのですが・・・

例えば、

I’m supposed to have a visitor.
「お客さんが来る事になっているんだ」

という既に決まっている予定を
言い表したい時に使われる表現です。

いずれにしても、文末で消えるパターンは
繰り返しを避ける為に起こる事で受験英語の文法上
では文の構成を成していませんが、英会話では頻繁に起こります。

もちろん今回のパターンだけでなく、これまでお伝えして来た
消えるパターンは文の構造が明らかに完成形ではありませんが、
どれもこれも実践英会話では使用されているモノです。

我々がそれを使う必要はありませんが(もちろん
使っても全く問題ないですが)、特に聞き手になる時には
紹介してきた消えるパターンを知っているだけで慌てなくなります。

今までお送りした内容をもう一度ご覧頂き、
是非理解するようにして下さい!

 

関連記事

  1. 関係副詞「when」の使い方

  2. 英語名言「教える意識で学ぶ!」

  3. 効果のある英語音読法とは?

  4. 英語発音の子音 h音

  5. 接続詞の使い方とは?

  6. 英語発音の子音N音

  1. 「相手の都合に合わせる」って英語で?

    2022.01.17

  2. 英語発音の母音 i:音

    2022.01.14

  3. 英語上達エクササイズ(be likely to doとは)

    2022.01.13

  4. 英会話の短縮パターン

    2022.01.12

  5. 日常英会話のボキャビル(美容室の予約)

    2022.01.11

  6. 英語学習の環境を整える1

    2022.01.07

  7. 英語名言「準備を大切にする」

    2022.01.06

  1. 「太りそう」って英語で?

  2. 「持って生まれた才能」って英語で?

  3. 日常英会話のボキャビル(ケーブルTVの契約)

  4. 英語名言「夢が現実を壊す!」

  5. hadが消える英文とは?

  6. 関係代名詞「which」の使い方

  7. 「全く進まない」って英語で?

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)