名詞の文をつなぐthat(接続詞)

本日は名詞の文をつなぐ接続詞thatの使い方についてお伝えします。

接続詞を使う目的は1つの文と別の文をつなげたい時に使います。

主語になる文をつなぐ

名詞は主語としての役割を果たせます。その主語の役割となる文章を
thatで導くケースです。

It is true that he won the game.

*that以下が主語だが長いのでitで主語を先に代用

補語になる文をつなぐ

名詞は補語にもなれます。その補語になる文章をthatでつなぐケースです。

The problem is that she never admit it.

目的語になる文をつなぐ

名詞は目的語にもなれます。その目的語になる文章をthatでつなぐケースです。

She knows (that) he is an honest.

*目的語を導くthatは省略可能です(itを使って導くケースは除く)

 

 

関連記事

  1. 英語発音の子音 TH音

  2. 英語名言「チャンスに気づけ!」

  3. 英語名言「違いを楽しもう!」

  4. 英語のリスニング力を上げる方法

  5. 主要前置詞のコアをおさえろ!by編

  6. 英語上達エクササイズ(what ifとは?)

  1. 英語発音の母音 i:音

    2022.01.14

  2. 英語上達エクササイズ(be likely to doとは)

    2022.01.13

  3. 英会話の短縮パターン

    2022.01.12

  4. 日常英会話のボキャビル(美容室の予約)

    2022.01.11

  5. 英語学習の環境を整える1

    2022.01.07

  6. 英語名言「準備を大切にする」

    2022.01.06

  7. 「先延ばしにしてきた」って英語で?

    2022.01.05

  1. 英会話できる人・できない人の差?

  2. 「忘れた頃」って英語で?

  3. 英会話の短縮パターン

  4. hadが消える英文とは?

  5. 英語の比較をシンプルに理解する

  6. 助動詞を簡単に理解しよう!

  7. 関係詞と疑問文について

ブログ(エリア別)

ブログ(目的別)